2012年04月02日

モバイルネットワークの規格もたくさんあるんだね!

インターネットが生活の中で当たり前のものになっていますが、ほんの十数年前まではまだ一部のマニアのものだったんですよね。


それが、今では買い物や銀行と言った昔からある使い方はもちろん、ブログやSNSなどの個人が情報を発信する手段としての使い方まで、幅広く生活の中に溶け込んでいます。


そして、インターネットが日本で普及し始めた頃は、まだアナログモデムの時代でスピードも相当遅かったわけです。


それがISDNになった時はかなりのスピードアップに驚かされましたが、重たい画像や動画などはまだ全く実用性を考えると見れない状態だったんです。


そこでADSLという技術が注目を浴び、ここで初めてブロードバンド社会が幕を開ける形となりました。


しかし、この頃はまだモバイルの環境だとISDNクラスのスピードしか出なかったので、まだ固定回線のインターネットを補完する程度の働きしか無かったのです。


しかし、これも徐々にスピードがアップして、特にここ2年ほどの間には大幅な速度改善が行われました。


そして、LTEという技術が新たに採用されて、モバイル環境で固定回線のスピードを凌駕するインターネット環境が構築されていきました。


その技術がどんなものなのかはLTEとは?を参照して頂くとして、iPadや次期iPhoneなどにも採用されると言われている高速通信網が完備されると、また日本のネット環境が大きく変わるのではないかと思っています。

posted by 引越しマン太郎 at 11:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX取扱い通貨ペア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。